ぼやかないつもりのメモ(ブログ Ver)

つぶやきとメモの記録。更新はぼちぼち。

素振り

中澤先生の所のエントリを読んで,素振りについて少々.テニスの経験からになりますが,実は素振りに関してちょっとした持論を持っています.しかも,この持論は,いろいろなスポーツ*1に通じていて,かつ結構有用だとちょっと自信を持っていたりします.

  • 1: (仮に出来ていたとしても)常に打点を意識すること*2
  • 2: トータルの回数よりも理想の振り方が何度できたかを意識すること
  • 3: すごくゆっくりとした素振りもすること

特に1番目は重要です.テニスにありがちなのですが,海外のプロの選手の中には汚い振り方をする人も結構います.しかし,きちんと打点だけはしっかりしているので,どうにでもなるのです.ボールを打つスポーツでは振り方以上に打点を重要視した方がよいと僕は考えます.2番目は,素振りなどに限らないと思いますが,「何回やればいい」というのは,(特に小さい頃には)雑な練習を招く要因になることもあります.3番目は小学生には筋力的にきつい可能性もありますが,ゆっくり正しく振ることは、「どのように体を使うかを理解し、かつ体に動かし方を覚えさせる」のに適していると思います.バットが重ければカラーバットを使ってでもゆっくり素振りすることは薦めたい方法のひとつです.自分がきちんと振れているかどうかを自覚することが出来るようになると思います.

*1:素振りに限らず,ある程度一定の動きを体に強いるもの.

*2:これはボールを打つスポーツに限りますが….